長期休業中や週末を狙う

高校生はアルバイトをしてお金を稼ぎたいと思っても、大学生ほど選択肢がないというのが事実です。
コンビニやレストラン、郵便配達や物流系の仕分けといった仕事が典型的なアルバイトでしょう。
授業のある期間の放課後に働くような覚悟が必要な、長期的に携わる仕事ばかりというイメージが強いかもしれません。
しかし、夏休みや冬休みといった長期休業中だけ働きたい、あるいは授業が休みの週末だけときどき働きたいといった人でも働くことができる短期バイトもあります。
季節によってはレストランや郵便配達、物流ですら短期で働ける仕事があるでしょう。
概して多くの業界の繁忙期は長期休暇と重なりやすいことから、夏休みや冬休みにできるアルバイト先を探すというのはその気になれば比較的簡単です。
夏休みであればリゾート地の宿泊施設やキャンプ場、海の家といった場所では多くの求人募集があります。
また、冬休みであればクリスマスケーキ作り、年末年始の大売り出しのための増員スタッフやチラシ配りといった仕事があります。
こういったイベントを行う際にはポスティングも仕事として浮上するものであり、安い労働力となる高校生はむしろ歓迎される人材です。
どちらかといえば難しいのが時々週末に働きたいという場合ですが、その時に注目すべきなのはイベントスタッフでしょう。
季節によっては毎週末花火大会やコンサート、スポーツイベントなどが開催されており、その設営や撤収の人員としての短期バイトがあるからです。

Leave a Reply