高校生は親の同意書が必要

青春を謳歌する高校生は、学校での勉強や友達付き合いが忙しいです。
その中で、アルバイトもまた高校生ならではのチャレンジできる取り組みでしょう。
中学を卒業したならば、バイトデビューするチャンスがあります。
まずは短期バイトで、自身の実力を試してみるのがいいですね。
ただし、高校生は未成年であるため、求人案件に応募するために用意しなければならないものがあります。
学生向けのアルバイトの求人案件でよくあるのが、親の同意書を必要とするという点です。
未成年は、法律によって保護されています。
そのため、未成年にとって契約で不利な点があれば、後で契約を取り消すという事も可能なのです。
また、労働法規の点でも、未成年を働かせるという場合には親権者の同意書を備えることが一般的には求められています。
この事から、高校からのアルバイトデビューを計画するのであれば、事前に親に対して相談しておく事が大切です。
親によっては高校での学業の妨げになるとして、許してもらう事ができないケースもあるかもしれません。
短期バイトができるようにするためには、事前に根回しを行って、できるだけ許可してもらう事ができるような状況を作り出すことも大切です。
未成年がアルバイトをするために必要な親の同意書を得られるかどうかが、高校のバイトデビューをスムーズに始められるかどうかの重要なポイントですね。
この点を乗り越える事ができれば、高校での生活をより満喫できます。

Leave a Reply